大和屋本店 うまいもん便
関西の厳選された素材と料理旅館の味をお楽しみ下さい! くえの商品一覧はこちら

幻の魚と呼ばれる「クエ」

京都をはじめとする関西の夏を代表する味覚「はも」
うなぎ同様、生命力がとても強いはもは、生きたまま長時間の輸送に
耐えるため、海が遠い京の都を中心に関西に広がりました。

くえ鍋
濃厚なだしに驚く!はも鍋

あつあつの鍋にはもをいれると花が咲いたように
はもの身が広がります。
見た目からは想像できない程、濃厚なおだしが出ますが、
あっさりとしていて、ほくほくの身をポン酢でいただくと旨い倍増!クセになる美味しさです。


はもには長くて硬い小骨が非常に多くあります。
この骨を細かく切断する「骨切り」という下準備をしないと美味しくいただけませんが、
しっかりと下処理させていただいておりますので、安心してお召し上がりください。

骨切り 骨切り
はもの湯引き
はもの湯引き
新鮮なはもを骨切りして沸騰したなべに入れ、茹で上がりを氷水で一気に冷やし旨みを閉じ込めます。 新鮮なはもだからこそ、写真のようなキレイな花が咲きます。 酢味噌、梅肉、ポン酢でなどでいただくと、より一層美味しさが増します。
鍋用 はもの身盛り
鍋用 はもの身盛り
鍋用 はもの身盛りです。
はも鍋セットのはも身は上記の写真のようなかたちでお届け致します。
旨みが多く余分な脂の無い鱧ならではの調理法です。
ふぐひれ
ふぐひれ
その姿からは想像できない程、あっさりとして風味豊かなお出汁がとれます。昆布と一緒に煮るととさらに旨味が出ます。

関西では、「梅雨の水を飲まない
うちは、鱧はまずい」、
「梅雨の水を飲んで美味しくなる」
というように言われております。
はもの商品一覧はこちら はもの商品一覧はこちら